IFO注文についてまとめました


sdf999IFO注文とは、新規注文から決済まで全行程を自動的に行う注文方法です。元々はIFDとIFOという自動売買方法を組み合わせて作られたものです。会社によってはIFDO注文やIFDO-OCO注文、胃普段OCO注文と呼ぶこともあります。これが使えるようになると、指定レートで正確に取引が可能になるだけでなく、予想とは逆の方向に相場が動いた場合でも損失額を最小限に抑えることが可能になります。FX攻略のまとめには必ずと言っていいほどこのIFO注文が含まれています。リスク回避にも役立出ることが出来るのです。

例えば、1ドルを100円で購入、105円に値上がったときに売却したい場合にIOF注文を使う場合は

【ステップ1】新規注文:100円に設定

【ステップ2】新規注文;105円に設定(利益狙いの額) ⇒ 指値

【ステップ3】新規注文:95円に設定(損失回避の額 ⇒ 逆指値

と入力します。

IFO注文の取引画面

決済レートを2パターン設定しておくことで、相場がどちらに転んだ場合でも自動で決済を可能に出来るのです。

上記の例でいきますと、為替レートが105円になった場合はプラス5円で利益が確定、逆に為替レートが95円になった場合はマイナス5円の損失で確定させることが可能となっています。これでしたら、希望レートになるまで深夜までPCの前に居座る必要もなくなりますし、目を離した少しの時間でレートが激変し損失が巨額になるリスクを回避することが出来るのです。

IFO注文を使用するメリットは指定レートでの自動取引による行程の簡略化だけでなく、仕事や外出時に使用することでのリスク管理や逆指値を使用することによる損失額を抑える効果や、指値を使用することにより生じる利益の確保にあるといえます。

また、FX初心者の方へもお勧めできる裏技として、1回以上の取引を行った場合に現金で5,000円から10,000円を支給するFX会社のキャンペーンにもこのIFO注文を使用することでアプライできるというものがあります。XEマーケットもこういったキャンペーンを随時開催しているのでチェックしてみて下さい。XEMarketsのツールも充実しており、使い勝手のよい業者です。