株と並んで有名な金融商品と言えばFXです


sdf99そもそもFXとは「外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)」の略称であり、簡単に仕組みを説明すると証券会社に「証拠金」を預けて、レバレッジなどを使ってそれの証拠金以上の取引をすることです。

もう少し詳しく見ていきます。「1ドル=100円」の時に1000ドル(10万円)買ったとします。その後「1ドル=110円」になった時に再び日本円に戻すと1000ドルが11万円になります。10万円が11万円になるわけですからその差額1万円が利益となります。これがFXの簡単な仕組みです。

これが100万円ならば、1億円ならばどうなるでしょうか。想像できるようにFXというものはその性質上購入額が大きくなれば利益も大きくなります。しかし、誰もが皆100万円を用意できるわけではありません。

そこでレバレッジの登場です。レバレッジは「てこ」と言われることが多いです。つまり、小さな力で大きなものを持ち合上げる原理です。FXではレバレッジを使って国内のFX会社に限定すると証拠金の25倍までの取引が可能になります。1万円があれば25万円、100万円あれば2500万円となります。

先ほど「国内のFX会社では」と言いましたが、これは法律によって制限されているという意味です。つまり、海外のFX会社を利用することもできますからこちらを利用すれば900倍ものレバレッジをかけることも可能なのです。

もちろんなぜ規制されているのか、ということですが、レバレッジによる損失が問題になります。よく考えれば分かりますが手元にあるお金以上の取引をして「利益」が出ているうちは問題ないのですが、もし損失が出た場合はどうなると思いますか。

利益の場合は残高が増加するだけですが、損失の場合は口座からその損失額が引き出されます。例えば10万円の証拠金で100倍のレバレッジ取引をすれば1円変動するだけで10万円の損失が発生します。そうなると口座残高は0となります。更に2円動くと−10万円となってしまいます。

残高がマイナスになるとそのマイナス分は支払う必要があります。このようにレバレッジとはリスクと表裏一体なのです。ですから法律によって25倍までとなりました。

ちなみに通常取引をしている時に100倍以上のレバレッジはまず使いません。大抵は5倍程度までが主流で、よほど自信があっても10倍までくらいが初心者が負えるリスクの限度です。それこそリスクを最小限化するには、そもそもレバレッジを利用しないバイナリーオプションの【ハイローオーストラリア】も、このようなユーザーの要望から生まれた経緯があります。

レバレッジの話を聞いて怖いと思った人もいるかもしれませんが、そもそもFXは今の時代100円くらいからできます。100円の20倍だとしても2000円ですから利益は少なくとも証拠金自体を少なくしておけば問題なのです。そして、始めの内はレバレッジをかけずに少額から楽しんで仕組みを理解してから本格的に取引をすることは当たり前のことです。